2011年 10月 16日
OJI
d0035969_23542592.jpg


何やら若い女子の間で、「おじガール」というファッションのくくりがあるらしいのですが・・・

そのおかげで今年は私好みの靴が見つかりやすいようです。

普段はフラットなバレエシューズか、思い切り英国趣味なしっかりとした靴が好みでそういうのばかり履いておりますが、最近何故かヒール靴の気分。
色々とパンプス類を試着するも、幅広でサイズの大きい私の足ではなかなか難しく、パンプスが駄目ならレースアップでヒールはないのか?と探していたら出会いました。

普段履いているのはどちらかと言えば正統派のドレスシューズをサイズダウンさせたような形のものですが、これはわざとクタッとさせた革の質感がクラフト感あふれる一足で、ヒールの形も少々個性的。
いつもと同じ感覚で履けるけど、でも凄く新鮮!クラフトものって凄く好きで、バッグや洋服には取り入れてたんですが靴は合うものがなかなか見つからなかったので初の試みなのです。
私の足も受け入れてくれる幅広なつくりもありがたく、少々値は張りましたが購入に至りました。
背が高くなりすぎない5cmヒールも高ポイント!
あのパンツにもーあのスカートやタイツにもー、あ、あのソックスにも!合いそうー、と妄想するのが楽しいです。
お手入れしっかりして、大切に履こう。

それにしても、「走れる」ヒールって私にとって大事なポイントです(笑)。
普通、ヒールで「走れるか?」を大事な基準の一つにする人ってあんまりいないですかね。
エレガントからはほど遠いな・・・。
[PR]

by pudlenka-nero | 2011-10-16 00:17 | 身に付けるもの、持ちもの


<< 革のお手入れ      CICOUTE >>