2005年 12月 10日
pudlenkaエッセンシャル図鑑-2
年を重ねるごとに寒さが苦手になりつつありますが、冬生まれの私は夏より冬のほうが断然好きです。
暑さが苦手ということもありますが、何といっても洋服選びが楽しいことが嬉しいのです。

楽しい洋服選びの中でも私が毎年のように目をギラギラさせていたのが、何といってもコート。
何年も前からコートを買うことがある種冬の一大イベントになりつつあり、気付けば毎年コートを買っていました。
全身を包んでいるという安心感と、それ1枚でその人の印象をぱっと変えることもできるところに魅力を感じていたのです。

d0035969_23383215.jpgそんなコートジプシー(?)の私に終止符を打たせたのが、マッキントッシュのコート。
数年前にドレステリアで見つけて即購入してしまいました。
普段はあまり色のものを着ることはなく、殆どがモノトーンとあいまいな色合いのもので占められている私のクローゼットではありますが、この紫は何故か迷うことなく選んでしまいました。
予想通り、黒ベースにも茶ベースにも、そしてシンプルな形はベーシックな服装にも古着を取り入れた多少インパクトのある服装にもぴたりと合って大活躍。
ぱりっとした生地は何年か着ているうちに私の体の癖によるしわが出来て、いい具合にこなれてきました。
実は色違いのこげ茶も持っているのですが(色違いフェチなので)こちらも大活躍。
コートジプシーは終了しましたが、マッキントッシュコレクターになってしまいました。
私にとっては永遠の定番コートになりそうです。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-12-10 23:51 | 身に付けるもの、持ちもの


<< 音楽のある生活      ひとりヨコハマ散歩 >>