カテゴリ:いただきます( 22 )

2012年 02月 05日
雑誌からヒント
d0035969_17144630.jpg


雑誌「クウネル」の「ただいま食事中」というコーナーが好きで、
毎号楽しみにしているのですが、最新号の方の食事がツボで!!

恵比寿にある素敵なお店「YAECA」のデザイナーの方なんですが、
食べっぷりがいい!料理がおいしそう!なんというか、私好みなんです。
なかでも、手作りのポタージュスープや根菜類を使った料理にひかれました。

というわけで、私も久々に料理熱が復活。とりあえず週末に1度は
なんか作ろうと、カボチャのポタージュを作りました。
レシピもなしで適当に作りましたがなかなかのでき。
次はごぼうか人参で作ってみようかと思います。

d0035969_17234242.jpg


でもって、ポタージュだけではおかずにならない。あるのは鶏肉。さて何を?
またまた雑誌をあさってたらありました。
半年くらい前の「GINZA」で掲載されていた渡辺康啓さんのレシピ。
この連載も毎号楽しみで、、、作ったのは初めてですが。
スパイス使いが私好みです。
それと、繊細で美しい盛りつけにいつもときめいています。

同じ材料は無かったので使っているスパイスが違うのですがこちらを参考に、
鶏肉と玉ねぎを白ワインで煮込んでみました。
これがもう美味しかった!
チクテのパンと合わせると、お店みたいな味でしたよ。
今度またこの連載を参考に、別の料理を作ってみようと思います。

食いしんぼう復活のきざし。おすすめあらば報告します。
[PR]

by pudlenka-nero | 2012-02-05 17:36 | いただきます
2011年 10月 10日
CICOUTE
d0035969_22305275.jpg


食べてみたいなぁと思って一体何年?

やっと購入、CICOUTE BAKERYのパンです。

その昔(10年くらい前!?)、友達に初めて連れて行ってもらった下北沢のCICOUTE CAFE
理想を固めたようなお店の空気そのものに緊張しつつも、スコーンとココアの美味しさに感動し、自分もその空気のひとつになっている気がして(図々しくも!)、未だに私の中でカフェに関する特別な思い出と言えば、ここの記憶になります。

ここで出されているパンは、町田市にあるCICOUTE BAKERYなんですが、なかなかお店に行く機会が無く・・・そんなとき、たまにワインを買いに行っている外苑前のdoinelのブログを読んでいたら、土日のみCICOUTE BAKERYのパンを取り扱われるというお知らせが。
ちょうど先輩宅にお土産で持って行くワインを選びに行くつもりだったので、なんていいタイミング!といそいそお店に向かったのでした。

私が選んだのはイチジクの入ったパンドミ。
天然酵母のパン独特の香ばしい酸味の混ざった香り!ずっしりとした密度の濃い重さ!
待ってたんですこういうパンを!!

d0035969_22443817.jpg次の日、軽くトーストして早速朝食に。
ほどよい酸味ともちっとした噛み応えのある滋味深いパンでした。美味しい・・・。
食事として食べるのはもちろんですが、チーズとワインと一緒に食べたいパンです。














d0035969_22465972.jpgこんなおしゃれなカタログも。
通販も出来るようです。
しばらくはdoinelで買おうかな。
都心へ出る良い言い訳ができました。
[PR]

by pudlenka-nero | 2011-10-10 22:29 | いただきます
2011年 07月 10日
冷たいスープ
d0035969_18481684.jpg


久しぶりに料理なんぞ作ってみました。

まず豆腐ステーキ。数年前に友人に教えてもらったレシピ。
ソースにアサリのだしがしっかり出ていて、うまみ凝縮!美味しいです。
ちらしたネギがつながっているのはご愛嬌でございます。

d0035969_18505910.jpg


豆腐ステーキは中華の味付けなんですが、全く合わないようで意外とマッチしていた冷製スープにも初挑戦。
ブロッコリーのスープです。ブロッコリーを丸ごと一株使いました。
自画自賛の美味しさ。おかわりもして翌朝も美味しいバゲットのお供に。
冷たく爽やかで、野菜の栄養もしっかりと摂れる冷製スープは、暑い夏を乗り切るのには最高の料理かも。
また作ろ。
[PR]

by pudlenka-nero | 2011-07-10 22:46 | いただきます
2006年 10月 20日
お好みで
d0035969_2141771.jpg


お好み焼き。

いつでも美味しい、我が家の定番のメニューです。

うちでは、家族それぞれにどんぶりと大きめのスプーンが手渡され、

各自で具を選び、好きなものを好きなだけ入れて、

好きなように作って食べます。

私の場合、豚肉がカリカリになっているのが嫌なので、

先に軽く火を通して、生地に混ぜ込んで焼きます。

具は、キャベツ大量・ネギ大量・天かす・豚肉大量・イカ。

そして、1枚につき卵は1個入れます。

後、こだわることといえば・・・絶対につぶさないことです。

ヘラでぎゅうぎゅう押すのはだめです。

d0035969_21114975.jpg因みに、こちらは豚肉カリカリにこだわる母の焼き方。

豚肉ののせ方に主婦歴を感じます。

人それぞれ、焼き方が違っていて面白い。

私と弟は基本的に同じです。

最後に、オタフクソースとマヨネーズをこれでもか!

というくらいにかけて食べるのが最高です。

小さい頃からのなじみの味は、やはり落ち着きます。
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-10-20 21:14 | いただきます
2006年 03月 21日
オリーブの香り
d0035969_0324699.jpg私の大好きなパンが、これ、PECKのフォカッチャです。
PECKは高島屋に大体入っていると思うんですが、イタリア食材のお店で、パスタ・ソースからお惣菜、パンまで、幅広く取り扱われています。
中でもパンは、どれも安くて美味しいんです!しかも大きめ。
食いしん坊の私にはちょうど良い。
直径12,3cmはあろうかという大きめのこちら、厚みもかなりあって、130円なり。
食べる前は必ず!軽くトーストです。
トーストしている間はぷーんとオリーブオイルの良い香りが漂います。

アボカドやレタスなどの野菜をはさんで食べるのも勿論美味しいのですが、
私はいつもサラダやスープとともに、パンはパンで食べることにしています。
せっかくのオリーブオイルの風味と、程よい塩味を楽しみたいからです。
パリパリとした表面と、ふわふわの中身が食感フェチでもある私にはたまらない。
このパンを食べる朝は本当に幸せ。

お近くにPECKがある方はぜひお試しを。
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-03-21 00:39 | いただきます
2006年 03月 12日
甘×辛バランス
d0035969_12442830.jpg先日会社の先輩にお煎餅を大量にいただきました。
中でも感動したのがこのザラメ!
1枚10cm×10cmほどとかなり巨大。
そしてしっかり固めのこのお煎餅、前歯を折らぬよう気をつけつつ噛み締めると、まずは濃くて香ばしい醤油の香りと旨みが口いっぱいに広がります。






d0035969_1251684.jpg見てください、この香ばしそうな色、艶。
そしてこの大粒のきらきらとしたザラメが良い仕事をしているのです。
しっかり甘いのにくどくない。濃い醤油味を非常にマイルドなものにしている。





実を言うと甘いものの中に塩気を感じたり、逆に塩辛いものの中に甘みをきかせたものが昔から苦手で、ザラメせんは自分では絶対に手に取らない一品だったのです。
でもこれに関しては違います!
素敵な甘辛バランス。お取り寄せしたいほど。

これを食べるときは熱いブラックコーヒーが欠かせません。
何故かこのお煎餅にはお茶よりコーヒーが合う気がします。
今日は天気がいいけど引きこもりデイ。
美味しいものを食べてダラダラと楽しみます。
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-03-12 12:54 | いただきます
2006年 02月 18日
念願かなって
昨日、いつも遊んでいる友人から、誕生日プレゼントを頂きました。

d0035969_22122971.jpgずっと食べてみたかった、紀の善の抹茶ババロアです。
彼女からその美味しさをずいぶん前から聞いていたのですが、ずっと食べてみたいと思いつつも、神楽坂(飯田橋)まで行くことはなかなか無く、憧れの一品のまま、早数年。







甘みのほとんど無い抹茶ババロアに、餡とクリームが添えられています。
漉し餡×粒餡の絶妙すぎる組み合わせ。さらりと上品な漉し餡に、ふっくらと炊き上がった大粒の小豆が程よくアクセントになっています。
一方、クリームは濃厚!ミルクの味が濃いのです。これがふんだんに使われたシュークリームなんてあったら、本当に素敵。和のお店なのにクリームまでしっかり美味しいなんて、さすがです。
そして主役のババロアは・・・抹茶の風味がしっかり!苦味も感じられます。この、甘みが無く苦味がきいているババロアに、上記の程よい甘さの餡+クリームが加わると・・・それはそれは至福の味。
おいしい、おいしすぎる、と母とひとつずつ、パクパクと平らげてしまいました。

本当は和紅茶と頂こうかと思っていたのですが、コーヒーとともに。
クリーミーなババロアには、コーヒーが合います。

本当にありがとう。
憧れの味に漸く出会えて本当に嬉しかったです。

明日は29歳の誕生日。
29歳・・・立派な大人だなぁとしみじみ。(今でも充分立派な大人なんですが)
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-02-18 22:24 | いただきます
2006年 01月 14日
スイートポテトは苦手だけれど
d0035969_16529.jpg去年の話になるのですが、鹿児島に住む会社の同期に、美味しいものを頂きました。

「唐芋レアケーキ」という、サツマイモのケーキ。

実を言うと、私はケーキ類の中でも定番中の定番、モンブランとスイートポテトは苦手で、殆ど口にしません。
しかしながら、この唐芋レアケーキは本当に美味。
口に入れた途端に幸せな気持ちに。


スイートポテトとどういう違いが?と考えてみたところ、バターっぽくないのです。
どちらかというとミルキーで、且つ、当然ながらさつまいもの風味がしっかりしていて、甘さも控えめ。
1度に2つ、余裕でペロリです。
ブラックのコーヒーにとても合いました。

自分でもお取り寄せしたいです。
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-01-14 01:11 | いただきます
2005年 12月 23日
箱いっぱいの幸せ
d0035969_1214355.jpg
果物の中でもあっさりとした柑橘類は手軽に食べることが出来てとても好きですが、オレンジやネーブルなどの香りが強いものよりは、穏やかな風味で甘みと酸味のバランスがよいみかんやいよかんが好みです。

毎年この季節になると広島に住んでいた頃にお世話になっていた近所の方からからダンボールいっぱいに詰まったみかんを頂いているので、みかん好きの私や父は取り合うように一度に2~3個食べてしまいます。
コタツに入りながら、お茶を飲み、みかんを食べるという典型的な日本の冬。

一番身近な果物のみかん。朝日を浴びたあたたかなオレンジ色(みかん色?)は心も穏やかにしてくれます。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-12-23 23:07 | いただきます
2005年 11月 02日
大人の味
チョコレートが大好きです。

とはいえ、私は有名ショコラティエのチョコレートが食べたい、といった願望はなく(それどころかよく知りません)、手軽に楽しめる国産の板チョコがとても好きで、今、燦然と輝いているのはガーナブラック。安いです。100円。
チョコレートの好みは基本的にブラックチョコで、甘みの少ないもの。100円の板チョコでは余りそういうのはないので、たまに少しだけ贅沢して少々お高めのカカオ70%~80%の板チョコレートを買います。

d0035969_819477.jpg今日買ってきたのはヴァローナのオレンジピールの入ったチョコレート、500円なり。
成城石井やカルディコーヒーファームでよく見かける、リンツのオレンジが入った薄いダークチョコレートも美味しくて好きなのですが、こちらは少し厚みのあるチョコレートにオレンジピールがしっかり入っています。
少しカカオ特有の酸味が強いので、どちらかと言うとリンツのほうに軍配が・・・でも、こちらも充分贅沢な味わいでひとかけで大満足。ブラックコーヒーと合います。


これからチョコレートの美味しい季節。
暑くても美味しく感じますが、寒いといっそう美味しく感じるチョコレート。
食べすぎには気をつけつつ、楽しみたいものです。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-11-02 22:18 | いただきます