カテゴリ:雑記( 31 )

2012年 01月 05日
2012
d0035969_2314914.jpg


気づけば先月は一度もブログを更新していなかったです。ご無沙汰してます。

というわけで、あけましておめでとうございます。
今年も、マイペースに好きなことを綴っていこうと思っております。

今年は・・・

楽しいことは素直に楽しむ
女性らしさを少しは大事にする
こだわりをちょっとなくして柔らかく
笑顔!

この辺を意識していきたいです。
そんな意味を込めて、冒頭のイラストは柄にも無くピンクです(笑)。
まぁ、新しい年だからというよりも、ここずっとそんな感じですが、継続したいなという気持ちで。

あ、あとは音楽のある生活、復活させたいです。
大人になって「あ、いいな」と思える10年くらい前の曲とか、結構あるんですよね。
通勤のお供に音楽は欠かせませんが、もっと充実させたい。

そんな話も少しずつ書いていこうと思っておりますので、よろしくお願いします。
[PR]

by pudlenka-nero | 2012-01-05 23:29 | 雑記
2011年 10月 22日
革のお手入れ
d0035969_21375510.jpg


靴やバッグの手入れをするのが好きで、毎週とはいかないですが週末に時間があると手持ちの靴をばーっと広げて靴磨きをしています。
クリームは何種類か持っているのでその時々で使い分けますが、なかでもこれはお気に入り。

TAPIRというところのクリームで、靴クリームとは思えないオレンジオイルのいい香りがします。
手に付いても不快じゃないし(むしろアロマ効果でリラックス)、洗えば香りも残りません。
普通の靴クリームは手に付くとあの独特なにおいがなかなか取れないんですよねぇ。

以前、職場のおしゃれ男子に忘年会の景品でここの乳液を選んだことが有りましたが喜んでくれました。
今手元にないのですが乳液も伸びがよく使いやすくておすすめです!

黒い靴用はまた別のものを使っているのですが、今度紹介します。
[PR]

by pudlenka-nero | 2011-10-22 21:47 | 雑記
2011年 07月 17日
mint
d0035969_1839402.jpg


今年の夏は・・・本当に暑いです。
年々日差しが突き刺すように強くなって行く感じがして、
日傘を買ったり、日焼け止めもきちんと塗るようにしたり。

身体の冷えの方がつらいので、寒さよりも暑さに対する耐性はまぁまぁ強いほう。
でも、やっぱり少しでも快適に。

そんな訳で最近のお気に入り、AVEDAのrosemary mintのバスソープ。
スーッと爽やかなペパーミントの香りが最高。
洗い上がりもすっきり、すべすべです。
ボディミルクも同じシリーズを愛用中。
どちらもスースーするけど、冬でも使いたい・・・。
[PR]

by pudlenka-nero | 2011-07-17 18:46 | 雑記
2011年 06月 11日
おかっぱ
d0035969_2316626.jpg


少し前の話ですが、10年ぶりくらいに髪型を変えました。
ずっと挑戦したかったボブです。

朝のブローにちょっと苦戦しますが...ブロー自体10年以上やってない...!
でもしばらくこれでいいというくらい気に入ってます。

ロングからボブに変えて、変わったことといえば、
帽子が違和感無くはまるようになりました!
ボーイッシュになり過ぎず、非常にいいかんじ。
帽子はまだまだ未知の世界。
ハットだけではなく他のタイプも試してみたいです。

あと、今まで耳たぶにピタッとくるピアスしかしてなかったのですが、
それだと髪でピアスが全く見えないので、フープ型やぶら下がるタイプのピアスを
選ぶように。
髪の隙間からちらっと見えるくらいのさりげないものを選んでいますが、
ピアスは気に入るとそればかり着けていたので、新しいものを選ぶのも楽しい。

ワンピースを甘くなり過ぎずに着られるところもポイント高し。
しばらくやめられそうにないです。
[PR]

by pudlenka-nero | 2011-06-11 23:37 | 雑記
2011年 05月 08日
気ままな連休
今年のゴールデンウィーク、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。

最後に投稿したのが3年前!他所で新しいブログを書いてみるも数日で何となくフェードアウト。
やっぱり下地のできたここが一番?古巣へ帰ってきて、少しずつ書いてみることにしました。

今回の連休は5月2日のみ出勤で、後はお休み。
何年ぶりかの友人に会ったり、おなじみの友人と1日遊び倒したり。
かと思えば1日引きこもりDayもあり、本当に好きなように過ごしました。リフレッシュ。

最終日の今日は、楽しみにしていたyogaのプライベートレッスンに。
心地よい空間で、気さくな先生(透明感のある素敵な方でした!)にひとつひとつ丁寧に教えて頂く。
贅沢なひとときでした。
筋肉がしっかりとのびていく感覚が気持ちいい。
姿勢等はわりと出来ているとのお言葉を頂きましたが、力の入りやすい首や肩回りをリラックスさせていくことが課題かなと自分では感じました。
とあるお店のスペースで、お店がOPENする前に行われているので、レッスンを受けながらちらりと置いてあるものをチェック。
とても気に入ってしまったものがあったので、レッスン後オーナーさんがいらっしゃった後にお買い上げしてしまいました。
ひと月に一度、レッスンを続けていきたいなと思っているので、今後も楽しみです。

実はここのところ、生活が一変したため自分のペースをつかむのにあれこれ模索しています。
まずは興味があったことを思い出して取り組んでみる。(前を向いて)
自分が好きだったことやものを思い出してみる。(自分の中に目を向ける)
それと、今まで客観的に自分を見てきてくれた友人や家族、出会ってきた(出会っていく)人たちとの関わりを大事にしていきたいと思います。

明日からまた早起き復活。そろそろ寝ます。
[PR]

by pudlenka-nero | 2011-05-08 22:46 | 雑記
2008年 08月 30日
香りのはなし
数年前までは興味はあれど、実際に使うことのなかったフレグランス類。

理由は自分が付けた香りに酔ってしまうから(苦笑)

自分にしかわからないくらいか、よほど近づかないとわからないくらいに、
さりげなく香り、周りの人に不快感を与えないような。
それと、何と言っても自分にとって心地よい香りを身につけたい。

しらずしらずのうちに、そんな香りが手元にいくつか揃っていました。
ブランドや、性質はバラバラですが、共通するのは、
どれも天然の香料を使ったもので、ケミカルではないこと。
ゆえに持続性はなく、すぅっと消えてしまう。
寝る前にしゅっとひとふきすると、心地よくてよく眠れる。(贅沢です)

要は、以前私が描いていた香りのイメージとは、
周りの人に対して自分を表現したりするもの、だったのですが、
それはどうも私にとっては間違いだったようで、
私にとっての香りというのは自分の身体や心に対して働きかけるものなのだと、
最近気づいたのです。(遅いでしょうか)

近頃では、香りのない生活は考えられなくなりました。
今手元にある香りたちがそうであってほしいけど、
いつか「その香り、pudlenkaらしいね」と言われるような、
香りを見つけたいものです。
[PR]

by pudlenka-nero | 2008-08-30 01:27 | 雑記
2006年 11月 18日
kojikaの余韻
d0035969_19241849.jpg


先日のkojikaの記事で、ピアスの材料も買ったことに触れましたが、

今日漸く作りました。

元々は全く違うイメージをしていたのですが、

ネックレスの余りのパーツを使ってみようと、

思いつきのままつなげてみたら、

こんなものが出来ました。

最初のイメージのものよりずっといいです。

ワンピースなんかに合いそうです。

色違いも欲しい・・・。
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-11-18 19:26 | 雑記
2006年 11月 05日
インドア
3連休最終日。

今日は引きこもりデイと決めていました。

外はとても天気がいいので、ちょっと勿体無いなぁと思い、

とりあえず朝からホットヨガだけ、行ってまいりました。

帰ってきてから、お菓子ぼりぼり。

とんがりコーン半分くらい食べてしまった。(ヨガの意味なし)

昼になったので、さて、何か食べようか。

というわけで・・・

d0035969_13553265.jpg


昨日会った友達に教えてもらって買ったタイのインスタントヌードル。

見た目のインパクトが凄すぎて、自ら買おうとはきっと思わないです。

実際友達もそうだったとか。

その中から今日のランチに選んだのが、米で出来た平たい麺トムヤム風味。

d0035969_13592218.jpgニラとモヤシのみ投入して作ってみました。

あまり仕上がりがきれいではないですが、

完成品。(盛り付け苦手)

美味しいです!

見た目、あっさりスープなのですが、

赤くないのに激辛です。

しかし、だしもきいていて、麺はつるっとしていて、

ほんっとうに美味しい。

凄く安いのに・・・。

いいものを教えてもらいました。

また買いそうです。

さて14時。

睡魔が襲ってきました・・・オークションの準備でもするか、

お昼寝タイムか・・・。

たまにはこうして、ぼけーっとするのもいいですね。
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-11-05 14:03 | 雑記
2006年 10月 27日
シネマ
今週は、珍しく映画づいていました。

実を言うと、閉所恐怖症の気が少しあるので、映画館はちょっと苦手です。

数年ぶりに映画館で観た映画は2本。どちらも当たりでした。



d0035969_2021298.jpg













まず1本目は、「キンキーブーツ」。

イギリス映画です。

観た後は、心のそこから温かい気持ちになれました。

主人公のちょっと情けない表情も観ているうちに魅力的に。

すっかりはまりました。

いい靴を履きたくなります。

イギリス行きたくなります。

d0035969_20135590.jpg












2本目は、「サムサッカー」。

ずっと観に行こうと思ってて、やっと観に行けました。

とにかく映像と音楽がいい映画。

色や角度、風景の切り取り方にどきりとします。

個人的には母親役のティルダ・スウィントンが好きです。

勿論主役のルー・プッチは魅力的。

結果的にこの2本の映画は、作風も内容も全然違いますが、

私に訴えかけてくるものの本質は同じでした。

観る人によって感じ方は全然違うと思いますので、

あえてここで語りませんが、

ひとついえるのは、自分を受け入れること。

たまには映画館で映画を観るのも、いいですね。

暫くはまりそうです。
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-10-27 20:23 | 雑記
2006年 10月 01日
青い森へ
久しぶりの更新です。

この夏は、プライベートで色々とあって、
夏休みを休みらしく過ごすことが余りなかったのですが、
9月の最後にとった2日間で、ひとつだけ、短い旅に出てきました。

今、青森の弘前で行われている奈良美智さんの展覧会
去年の秋の横浜トリエンナーレでの展示や、
冬に大阪のgrafで行われていたhome展と同様、
今回も、奈良美智+grafの空間を、じっくりと堪能してきました。

d0035969_1910537.jpg東京の駅から約5時間で、弘前の駅に到着しました。
弘前の駅ではこんな風にお出迎えしてくれました。












d0035969_19122328.jpg少し迷いつつ、着いた会場。
私が今まで見た展示の中では最大の会場。
それだけで、気分が高揚してきました。









中に入り、色々な仕掛けもある、AからZの小屋を巡る。
grafの作る空間は、それだけで充分かっこいいのですが、奈良さんの作品が入ることで、ペンキの白や、木材のカットが生きてくる。
きっと奈良さんの作品も、grafの空間に入ることで、奈良さんの作る世界がくっきりと浮き出てくる。
そう思えます。
毎回必ず登場する、「奈良小屋」。
今回もありました。本当に大好きな空間。

そして、大阪のhome展で、私が暫くその前から立ち去ることが出来なかった作品があるのですが、今回も会えました。
今回も、近くから、遠くから、散々独り占めしてきました。

しかしながら、もうひとつ、空間も全て含めて気に入ってしまった作品ができました。
「星の部屋」という空間。
余りにも素敵で、暫く呆然。
最後に順路を無視してもう一度入ったほどです。


d0035969_1930423.jpg翌日は、青森県立美術館に行ってきました。
秋らしい、高くて青い空に、真っ白な建物。
どうしても見たい、そう思っていました。










d0035969_19315322.jpgこれ、青く光るみたいです。
冬の雪が降り積もる中、これが光ったらどんなに素敵だろうと思います。











中ではシャガールの「アレコ」の一部、青森にゆかりのある作家の作品が並んでいました。
勿論、ここでも私は奈良さんの展示室に入り浸っていたのですが。
フットワークというものが全く感じられなかった頃に、東京や横浜の美術展で展示されていて、ぜひ見たかった、と思っていた作品たちが、ここにありました。
感動の余り、うれしくてうれしくて。
遠足と思しき地元の小学生の大群にもみくちゃにされつつも、私はしつこく奈良さんゾーンに入りびたり。
作品の入れ替えなどがあるのなら、また訪れてみたいです。

何かと迷いがあったり、自分を見失いそうになったとき、奈良さんの絵を見ると、自分の目指すものや、好きなもの、大事なことを思い出すことが出来る気がします。
それはきっと、彼の描く視線の鋭い女の子、ナイフを持った女の子に、「ちょっと鋭さを持った人間になりたい」という気持ちや、
カート・コバーンにちなんだ絵や、ギターを抱える女の子に、「ロックが好きだ」という自分、
目を閉じて、穏やかな顔をしている女の子に、「出来れば毎日優しい気持ちを持って生活したい」という思い、
そういうものを見つけて、安心するからかもしれません。

奈良さんの展覧会には、いけるところならやはりいって、この目でしっかり見て行きたいと思っています。

最後の夏休みを夏休みらしく過ごせてよかった。
[PR]

by pudlenka-nero | 2006-10-01 19:40 | 雑記