<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2005年 09月 29日
V
d0035969_2236992.jpg


阪神優勝!おめでとう!!!!!

実は物心ついたときからの阪神ファンです。
小さい頃は父親に縦縞Tシャツを着せられて育ちました。

2年前の優勝は泣きに泣きましたが、今回は笑顔でお祝い。

しばしこの喜びに浸らせていただきます。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-09-29 22:28 | 雑記
2005年 09月 24日
渋谷ツアー
先月から約束して、ずっと楽しみにしていた雑貨巡りツアー。
当日はあいにくの雨になってしまいました。

しかし・・・雑貨巡りもメインテーマだったのですが、私の中で一人熱い裏テーマがありました。
それは、「渋谷の名店美味いもの巡り」です。
何といっても京都で美食ツアーを組んだ美味しい物好きの私たち。
いつでも食べるものだけは絶対に抜かりないのです。

私の「渋谷のモボ・モガのランチを食べて、ケニヤンのアイミティーっていうのを飲んでみたい」というリクエストに快く応じてくれた友人。
実は、最近愛読している柳沢小実さんのブログ本に、モボ・モガでランチを食べて、ケニヤンでアイミティーを飲んだ、という記事があり、「渋谷に行ったら・・・」とムズムズしていたのです。
どちらも渋谷に20年以上あるという老舗?それだけに、安心感があります。

d0035969_802393.jpgまずは渋谷駅のいつもの場所で待ち合わせをしたら、さっそくモボ・モガへ直行。
ここへは以前、彼女に連れて行ってもらったことがあり、とにかくボリューム大のプレートに大感激しました。お腹を空かせていたので、種類豊富なメニューに釘付け。本当は本に書かれていた「チキンの明太子クリームソース」にしようかな、と思ったのですが、今回はお得なランチを選択。チキンの照り焼きにアボカドがしっかり乗っていて、こくがあって美味しかったです。相変わらずのボリュームに大満足。

思いのほか、外は激しい雨。
本当はモボ・モガランチとアイミティーを楽しんだら、代官山方面へ向かい、散策する予定だったのですが、今回は見送ることにしました。
ランチを頂きながら話しているうちに、「文房具見たいね」「パタゴニアも行こう」「そっちへ行くならcinqにも」・・・とアウトラインが見えてきて、テーマはありませんが明治通り沿いに原宿方面へ向かうことに決定。

まずは東急ハンズ近くの文房具店、「picnic on picnic」へ。
ここは私が学生時代に出来た店で、訪れたのはおそらく卒業以来。
ディスプレイが色別に分類されていて、それがまた「色違いフェチ」の私にはたまらなかったのですが、その様子は健在。
久々の光景に、財布の紐が緩みそうに。
シンプルながら色とりどりの文房具たちは、それだけで心が和むものです。

次はパルコの地下にある大好きな店、Delfonicsへ。
ここでは、以前紹介したRollbahnのメモ帳と、このメモ帳にぴったりのボールペンを購入。
この店は、長時間いればいるほど欲しいものが出てきてしまって大変です。
置いてあるものの殆どが、ほどほどに男子っぽいデザインで、そこが私好みでもあります。
文房具のほか、アンティークの腕時計なども置いてあり、素敵な時計を見つけてしまって心が落ち着きませんでした。

d0035969_805075.jpgさて、次は待ってました、ケニヤンのアイミティー!
ケニヤンは神南のビームスの近くにあり、いつも外から覗いては、何となく入ったことがなかった店。
いざ入ってみたら、昔ながらの喫茶店のようなスタイルで、とても寛げる空間でした。
アイミティーは普通のサイズとラージサイズがあり、私たちはここでも迷うことなくラージを注文。100円しか違わないのにサイズが全然違うのです。ここでのお茶はきっと長くなるだろう(積もる話が多すぎて?)と思ったので、ラージにして正解。
しばらくして出てきたアイミティーはとても大きな背の高いグラスに並々と注がれており、紅茶とミルクの2層の色合いが何とも美味しそう。
特徴的なのは、子供のころに大好きだった、砂糖をたっぷり入れた甘いアイスティーのような甘さ。甘いだけではなく、紅茶の香りがとにかく良くて、紅茶の渋みもしっかり感じられる、完璧なアイスミルクティー。実はこの「アイミティー」という名前は登録商標なのですが、妙に納得してしまいます。

ケニヤンを後にして、原宿方面へ。
パタゴニアに寄り、友人がフリースを購入。
パタゴニアのウェアはアウトドアとは無縁の私もいくつか持っていて、厳しい自然環境の中で快適に過ごすための機能性と、シンプルなデザインにすっかり惚れ込み、年々増えています。
今年出ているフリースは毛足が長くとても可愛いので、街着にもぴったり。
友人が試着しているのを見て、すっかり欲しくなったのですが、私の体型に合うメンズの小さいサイズは品切れだったので、今回は見送りに。見つけたら買ってしまいそうですが・・・。

お次は元々のお題、「雑貨ツアー」にふさわしい、cinqへ。
ここはいつ来ても幸せです。小さな空間に素敵な食器や雑貨がきれいに並んでいて、どれをとっても欲しくなりそう。
野田琺瑯の黒いコーヒーポットが欲しくなりましたが、白を持っている(さびてしまって・・・)ので我慢我慢・・・。
食器のディスプレイを見ているうちに、私が何となく買ってきた食器は気付けば殆どが白と黒でまとまっていることに気付き、これから買い集めて行きたい食器類のイメージがつかめてきました。
一方では茶色でまとまったディスプレイもあり、こちらも素敵。温かみのあるチョコレート色は、見ていてほっとします。

幸せな気分になりながら明治通りを更に歩き進め、原宿方面へ。
おしゃべりしているうちに盛り上がってしまった、スヌーピーグッズを見たくなり、スヌーピータウンへ向かいました。
食器のムーミン、ミーを除き、私の持っているキャラクターグッズの殆ど(といってもそんなに持っていませんが)はスヌーピーで占められています。
今回はずっと欲しかったTシャツを購入しました。
スヌーピーは可愛いなぁ・・・チャーリーブラウンなどのサブキャラクター(彼らも立派な主役かな?)も大好きです。
作者のシュルツさんの優しい人柄が表れているような絵にいつも心が和みます。

d0035969_812436.jpg夕食は、以前友人に連れて来てもらって以来すっかりお気に入りになってしまったスープカレーの店、「シャンティ」へ。
私はチキンと野菜のスープカレーにオクラトッピングを注文。
毎度毎度、この鶏肉の柔らかさにうっとり。箸だけで骨からすっとはがれるほど、柔らかく煮込んであるのです。オクラとの相性もよく、大きくカットされた根菜類もそれぞれ味がしっかりしていて大満足でした。


d0035969_814439.jpgこの日の締めくくりは、京都でも有名な甘味、「京はやしや」へ。
白でまとめられたスタイリッシュな店内に、ほうじ茶のいい香りがしていました。
注文したわらび餅は非常に柔らかくぷるぷるとしていて、苦味のある抹茶がとてもよく合っていました。甘さも黒蜜で調整ができます。私はそのままかけずに頂いてしまいましたが、本当に美味しかった。
今度はお茶も飲んでみたいです。

渋谷~原宿という余り広くない範囲でも、1日中すっかり満喫してしまいました。
内容もさることながら、楽しいおしゃべりがやはりメイン?
そして、学生時代から慣れ親しんでいるこの街がやはり好きなのだなと感じたツアーでした。

次回は念願の鎌倉ツアーをすることが決まっています。
「美味しいもの」メインに、色々調べなくては・・・。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-09-24 23:03 | おでかけ日誌
2005年 09月 23日
フットワーク
11月にUKロックバンドのoasisのライブに行ってきます。

彼らの音を聞くと否応なしに学生時代の記憶がよみがえります。
誰かが着ていたフレッドペリーのポロシャツや、好んでよく履いてたロングスカートや、大人っぽい友達がつけていた香水の匂いや、キャンパスに絡まる蔦の色のトーンや、チャイムの音、下らない話ばかりしていた食堂の光景、憧れていた服、音楽にどっぷり浸かって通いつめたCDショップ・・・文字だけではとても表せないほどの情報が「あのときの空気」付きで押し寄せてきて、涙すら出てきそうな何ともいえない感情に陥るのです。

あの頃は自分の感覚に合ったものを見つけるアンテナの感度が恐ろしいほど研ぎ澄まされていて、アンテナに引っかかったものになら何にでも興味があって、そうでないものにはとことん無関心で(苦笑)、バランスの悪いことこの上なかったけれども生きているという実感がありました。
私のベースは1995-1998に完成されたといっても過言ではない。
しかし、気付けば社会人も7年目になり、「無難で刺激のないサラリーマン生活」を続けた結果、私のアンテナも全く機能しなくなっていました。

ただ、最近なのです。
アンテナが少しずつ動き始めたのは。
妙に元気なのです。
決定的な出来事があったわけでもありませんが、夏に京都に行った辺りから、少しずつ私の意識が元の状態へ、あたかも形状記憶していたかのようにゆるゆるとではありますが、戻っていくような感覚があります。
これは楽しいぞ?と目覚めてしまったら、もうとまらない。

昨日、いかにも私、という服装で通勤したら、いつもと気分が随分違った。
ライブに行くという楽しみができたら、音楽を聴くことの楽しさを思い出した。
先週は一人で寄り道ばかりしていた。
明日の心配など忘れて夜中まで「銀河鉄道999」のDVDを見てしまった。(・・・いい大人なんですが)

こんな小さな変化でも、私にとっては心躍ること。
これからはとにかく、「フットワークを軽く」が私の信条なのです。

さて明日は、オリーブツアー・京都ツアーを共にした友人と、雑貨ツアーです。
雨が降ってしまうらしいが、フットワークを軽く・・・お茶を多めに。
更なるアンテナの鍛錬のために、私は出掛けます。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-09-23 23:30
2005年 09月 19日
体内リズム
今回の連休は初日の「徹夜飲み」が響いて、ほぼ3日間使い物になりませんでした。

平日は6時に起きて23時半には寝てしまう、某作家の方の言葉を借りると、「きわめて農耕民族的な」生活を送っている私にとって、徹夜というのは拷問に近いことでした。
学生のころは毎週こんなことをしていたのに、すっかり体というのは社会人7年目にもなると社会人仕様になってしまうのですね。年齢のせいもあるかもしれませんが・・・。

そんな訳で狂ってしまった体内リズムを整えるべく、今日はスポーツクラブへ行って45分間ステップとチューブやダンベルを使ってエクササイズを行うクラスに参加してきました。
毒素が抜けるように汗が流れ、終了後ほぼ半日、私は「疲れた」を連発してしまいました。疲れといっても、全身を動かしたという何とも充実した疲れ。終わった後に食べた、豚骨こってりのラーメンの美味しかったこと!昨日は何も食べたくなかったのに。

風呂もきちんと沸かしてしっかり入りました。
今夜はぐっすりと眠れそうです。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-09-19 21:38 | 雑記
2005年 09月 18日
秋味
まだ暑い日もありますが、夜はすっかり秋の風。
窓を開け放って気持ちよく眠れます。

d0035969_22525135.jpgさて、昨日は最近とってもお気に入りの和菓子の店、仙太郎で買った栗大福を頂きました。
こちらの和菓子は甘さが上品で、甘いものに関してはさっぱり好みの私の口にも合うものが多いように感じます。夏の間に食べた、粒餡の水羊羹の美味しさにはまり、昨日もむずむず、仙太郎の和菓子が食べたいなと訪れたら、商品はすっかり秋の色に。お買い上げしたのはこの栗大福と、芋羊羹。
さて、肝心の味ですが、薄く柔らかい餅の中に、程よい甘さに炊かれた栗がコロコロと惜しげなく入り、これまた上品な甘さの粒餡が控えめに栗を引き立たせている。勿論この粒餡が美味しいのですが、主張しすぎないのです。うーん、美味しい。実は栗の甘露煮やモンブラン、マロングラッセはとても苦手で、口に入れられないのですが、この栗は天津甘栗(大好物です)のように、自然な栗の味が生きている。芋羊羹のほうは、水羊羹のように軽い食感で、皮ごと入った芋のホクホク感がユニーク。芋羊羹といえば、浅草の「舟和」の芋羊羹が好物ですが、こちらはまた違った味わいでまた食べたいと感じました。
身近な和菓子に関しては、すっかり仙太郎の虜です。

外の空気が加速的に澄んできて、夜は少し肌寒い。
この肌寒さが強くなるにつれ、私の心も比例して高揚してきます。
秋から冬になる季節が最も好きな私にとって、夏の終わりは「遠足前夜」のようなものなのです。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-09-18 23:08 | いただきます
2005年 09月 04日
惚れました
d0035969_1633381.jpg「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」・・・・。

余りのインパクトの強さに買い物かごに入ってしまった豆腐です。
パッケージもユニーク。まるでサーフボードのようにひょろりとしています。

こちらの豆腐は三和豆友食品というところのもので、他にも数々のユニークなネーミングのラインナップが。「男前豆腐」などもいかしています。

こちらのサイトもかなりいかしています。初めに、「豆腐、食ってるかい?」と出てくるんですよ!もうしびれてしまいました。

さて、肝心のお味は・・・とにかくクリーミー。今まで食べた豆腐の中で最も美味しいかもしれません。そして、初めて豆の甘みを感じた豆腐でした。初めは何もかけずにそのとろける食感を楽しみ、後は塩や白だしなど、好きなものをかけて食べるのがよいのではないかと思います。余りに美味しくて、下手したら1パックぺろりと食べられそう。意外な食べ方としては、黒蜜をかける・・・なんていうのも合うのではないかと思います。

こんなに美味しくて贅沢な食感の豆腐、本当に初めてです。
すっかりジョニーの虜になってしまいました。
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-09-04 16:04 | いただきます
2005年 09月 04日
KYOTO-3
d0035969_102892.jpg2泊3日のお楽しみ旅行もとうとう最終日。
それでも時間一杯楽しみます。本日の目的は、お土産探し。

続きを読む
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-09-04 01:44 | おでかけ日誌
2005年 09月 03日
KYOTO-2
d0035969_22571676.jpg二日目。
この日の予定は私は初上陸の貴船へ行きます。前回は街中のみの行動だったため、遠出は初めて。

続きを読む
[PR]

by pudlenka-nero | 2005-09-03 08:02 | おでかけ日誌